一羽二羽と増える鳩は立派な害獣です【鳩対策の重要性】

早急に鳩対策を行ない方への取説~鳴き声・騒音を撃退~

鳴き声の騒音もひどい!鳩対策の必要性

林

公園や住宅地に出没する鳩は、時に人間の大敵となり様々な被害をもたらします。複数の鳩が集まれば、鳴き声は大きくなり騒音と化しますが、その他にも見過ごせない被害の爪痕を残していきます。被害が出る前に抑制効果の高い方法で鳩対策を実施しましょう。また、トラブル防止のために早めに管理会社や専門業者に相談しておきましょう。

鳩対策が遅れてしまって起こる問題

鳩が多く集まるようになってベランダに大量の糞をします (駆除業者)

野生で暮らす鳩は、食事や排せつを好きなタイミングで行ないます。自然溢れる場所なら問題ない光景でも、住宅地や公共施設となればどうでしょう?洗濯物や愛車に糞が積もり、洗車や洗濯を何度も行なうことになります。些細なできごとのようでも、確実に時間や労力を奪われることになります。たかが糞、されど糞。鳩対策は健康を守るためにも重要です!

鳩の体や糞に付着する菌で病気を発症する可能性があります (駆除業者)

鳩の糞には無数の菌が含まれており、クリプトコックス症やアレルギー反応など重篤な健康被害を引き起こす原因と考えられています。鳩に限ったことではありませんが、愛らしい見かけにほだされ野生生物に触れてしまう、これはとても危険な行為なのです。特に抵抗力が低い子供や高齢者、妊婦は注意が必要です!糞だけではなく、鳩に寄生しているダニや鳥類特有の悪臭も見過ごしていると危険です。衛生面から考慮しても、鳩が発生した際はしかるべき鳩対策が必要です。

鳩は繁殖能力が高いので被害が悪化します (駆除業者)

年間で7回~8回もの繁殖が可能な鳩は、非常に高い繁殖力を持つ生物です。元々、野生では肉食生物に狙われやすく種の保存のために、多くの繁殖を繰り返していました。しかし、住宅地に巣を作り安全な環境下に身をおく現代の鳩は、急激に個体数を増やしています。たとえ一組のつがいであっても、放置せずに鳩対策を行ない繁殖を阻止しましょう。

鳩の鳴き声をなくすために業者が鳩対策をします

鳩対策の専門業者は、鳴き声による騒音問題や糞害を解決してくれます。どのような対策を行なっているのか、詳しい作業内容をみていきましょう。

鳩の糞を掃除することが鳩対策に繋がる

鳩が糞をする様子を見て、このように感じたことはありませんか?「なぜ同じ場所で糞をするのだろう?」この疑問は彼らの習性を理解してくることで見えてきます。鳩という生物は日々の動線が決まっており、餌場、休憩所、巣というようにパターン化して行動しています。そのパターンを識別するための目印が「糞」なのです。つまり彼らの動線上には、常に糞が存在しており鳩対策には糞の掃除は必須ということになります。

鳩対策のためのベランダ清掃

鳩の糞の清掃

積もったり、固まったりした鳩の糞を回収することから清掃が始まります。回収した糞は、袋に詰めて戸外に運びだしていきます。回収する糞の量が多い場合、廃棄処分のオプションを追加することもあるので、あらかじめ業者と話し合い確認しておきましょう。

取りにくい糞の清掃

水で溶けない糞は、特殊な洗剤を使用して取り除いていきます。さらに、ケレンやブラシを使い削ぎ取りながらしっかりと清掃していきます。糞が蓄積された箇所に応じて清掃を行なうので、外壁や床を傷つける心配はありません。

ベランダ全体の消毒

糞の回収、清掃が完了した後は消毒作業に移ります。殺菌性の高い塩素系消毒剤を使用して、しっかりと作業箇所の消毒を行ないます。消毒液を散布した直後は、多少の塩素臭が発生しますが10分程経てば消えるので近隣周辺に迷惑がかかることもありません。

鳩対策グッズを取り付ける

清掃や消毒作業と合わせて行なうべき鳩対策が、駆除グッズの設置です。ホームセンターで販売されていますし、専門業者に依頼すれば用意してくれることもありあます。代表的な駆除グッズは次のようになっています。・有針剣山器具(トゲ状、針状)・忌避剤(特殊ジェル状、スプレー、霧吹き)・発光装置(センサー反応)

TOPボタン